7年前の夏

ロシアへ行きました。

私は生まれて初めての海外。

冬が長いロシアでは短い夏を楽しむようにお昼からお酒を飲んだりして賑わっていて、結婚式シーズンらしく毎日何組ものウェディングドレスとタキシードのカップルが写真撮影をしているのを目にする度に、私もドレスを持ってきてせめて教会で写真だけでも撮りたかった…と思いました(;_;)


ロシアの王朝時代…特にアナスタシア伝説が好きな私が勝手に「死ぬまでにロシアに行きたい!」と言っていたら新婚旅行に決まったのですが、あちらは日本とは違って湿気もなく、朝なんて肌寒いくらいになのにあっちの人はそれでも暑いと感じるらしくおじさん達はタンクトップで外歩いていたりしてビックリ。

しかも!テレビの中の話だと思っていた白夜も体験しました。

シーズンとしてはもう終わりだったらしいのですが、夜8時くらいなのにちょっと薄暗い夕方くらいのままで不思議な夜でした。


国土が広いので移動が長かったり、観光地が多かったりで毎日過密スケジュールでしたが「天気が変わりやすいので7日間のうちに絶対に雨が降る」と現地ガイドさんに言われていたのに奇跡的に滞在していた7日間は雨に降られませんでした。

体調も良く、とても過ごしやすい気候で充実した日々でした。

また行きたいな…と年々日本の夏が辛い私は夏が来る度に湿度のないロシアでの日々を恋しく思います。


エカテリーナ宮殿


クレムリン内の教会?


赤の広場


 エカテリーナ宮殿内


ピョートル大帝 夏の宮殿の庭


エルミタージュ美術館


バレエ観賞(白鳥の湖)


日本では手に入らないアナスタシア関連の数々


スポンサーサイト

コメント